fc2ブログ

森の中の自家焙煎コーヒー店「カフェウォールデン」で猫と犬と音楽の生活

Waldenの安曇野日記 Vol.517「ガンバレ森下」の巻

Waldenの安曇野日記 Vol.517「ガンバレ森下」の巻
 
みなさんこんにちは、Waldenの安曇野日記の時間です。
 
ポール・マッカートニーの国立競技場コンサートが、二日続けて中止になりました。
健康の問題ですからそれは最優先だと思います、ポール・マッカートニーさんどうぞお大事になさってください。
 
だが、社会的な責任は別問題です。
 
二日続けて開場時間を過ぎてからの中止発表は、主催者の管理能力を問われます。
ましてやリハーサルチケットまで売っておきながら、常識的には午前中に演者は会場に入りますから、リハーサルが行われない、すなわち公演が中止になるということを予測する時間は午前10時がリミットでしょう。
それでおきながら中止発表を16時半過ぎに行って、さらに代替策のコメントを用意できていないのでは、社会的な信用を失います。
 
「直前までポール本人がコンサートを希望した」、とは主催者から僕が直接聞いた話しです。
僕はこう言いました、「それをコントロールすることが主催者の仕事です」
大変な決断だと思います、でもそれが課せられた役割であり、ましてや事前に予測しておくべき内容でもあり、善後策のイメージ作りまでもがプロモートの仕事のうちでしょう。
 
若者が見ています。
涙を流して国立競技場を明け渡したアスリートたちもいます。
その人たちに申し訳の立つような対応をするべきです。
 
僕は森下にこう言いました。
「可能性のある限り前に進んで行きなさい、コンサートを観るために最善をつくしなさい」
そして、松本行きの帰りのバスが取れなかったので、長野行きの夜行バスのチケットを取らせました。もちろん僕が明日の朝5時に長野まで迎えに行くつもりでした。
今日の午前中、主催者は僕にこう言いました、「今日は開催します。是非来てください」
森下たちは更に変更して、僕は夜の12時に甲府に迎えに行くつもりでした。
彼らは今、松本行きのバスに乗っています。
僕が10時に迎えに行きます。
 
そんなことが、森下たち若い人たちの心の糧になるように。
間違っても心の傷になるようなことのないように。
 
僕にできるのは、そう祈ることだけです。
 
ウォールデンバンドHPのアドレスは acousticwaldenband.com です。
カフェウォールデンのHPのトップページにリンクが貼ってあります。
 
みなさん、応援してください。
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply