fc2ブログ

森の中の自家焙煎コーヒー店「カフェウォールデン」で猫と犬と音楽の生活

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.670「私は鴨!ネギもしょってます」の巻

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.670「私は鴨!ネギもしょってます」の巻
 
みなさんこんにちは、Acoustic Walden BANDの安曇野日記の時間です。
 
北海道の富良野時代に使っていたギターです。
 
エピフォンのエンペラーというギターで、本当は東京の友人が購入するはずだったんですけど、お金がなくなっちゃって代わりに僕が購入したギターです。
 
当時富良野に住んでいた僕は、覚えたてのマックのコンピューターで電話回線のインターネットでメールを始めたばかりで、東京の友だちとやりとりをしていました。
そしたら、その友だちがギターが欲しいということになって、エレキのフルアコを探すことになりました。
で、いざ購入という時点でやっぱりお金がないということになって、購入を断りに行ったはずの僕の帰り道の手になぜかしっかりギターが持たれていた、と。
 
なんでやねん!
 
一定の時間以上同じギターを見ていると、ついフラフラと買っちゃう習性があります。
なんか催眠状態みたいになって、このギターはもう僕のもの、みたいな。
そのあたり意識不明なんですね。
断りに行った楽器屋さんでも、「あの~、やっぱりお金がないので、あの~、やっぱり、、、、あっそれください」みたいな感じ、だったと思われます。

 
楽器屋さんにしてみたら、鴨がネギしょってキター!!みたいな感じでしょうね。
歩いている姿がすでに鴨っぽかったかもしれません。
 
僕的には、エピフォンのジョー・パスモデルが欲しかったんですよ。
ギブソンのバードランドとかsuper400とかは数十万円、100万円近く?するので、気楽に弾けるフルアコが欲しかったんですよね。
 
んで、いろいろあって僕の手元に来たエピフォンエンペラーを改造して、富良野のブルースバンドで弾きまくっていました。
その頃は、ピックガードをはずしてアコギっぽく弾けるように改造していたんですけど、今はもう弾いていないので現状に戻してあります。
 
ピックアップがフローティングっていうところがミソですね。
 
よく見てみたら、フレットがけっこう磨り減ってます。
 
アホみたいに弾いてたんだろうなぁ。
 
ウォールデンバンドHPのアドレスは http://acousticwaldenband.com/index.html
ウォールデンバンドFBのアドレスはhttps://www.facebook.com/acousticwaldenband
FBに登録されていない方でもどなたでもご覧になれます。
 
みなさん、応援してください。
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply