FC2ブログ

森の中の自家焙煎コーヒー店「カフェウォールデン」で猫と音楽の生活

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.899「人の涙」の巻

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.899「人の涙」の巻
 
みなさんこんにちは、Acoustic Walden BANDの安曇野日記の時間です。
 
一般の読者のみなさん申し訳ありません、今しばらくRくんのことについて書かせてください。
 
Rくんは僕たちの若い友だちで、120日に失踪しました。
生死はわかりません。
 
僕はRにメシを食わしていました、森下とエミちゃんと一緒にです。
僕は転んでも失敗をしても、やり直すことを選択する、勉強を続ける人を応援します。
いやむしろ、失敗をして立ち直ろうと努力をする人に畏敬の念すらおぼえます。
人の痛みのわかる、立派な仕事を成し遂げる人物になると信じています。
 
僕は森下にはかなり厳しく接しています、実際に彼の腰が抜けるほどの叱責をしたこともあります。
しかし、それは愛情のゆえにです。
 
そして、僕は家族を亡くしたことも、失くしたこともあります。
複数回あります。
Rくんのお父さんとお母さんが、人の親として突然わが子がいなくなった気持ちが痛いほどわかります。
いろいろな形があると思う、子を愛する親の気持ちもいろいろな場面があると思う。
けれど、自分の子どもを愛さない親などいるはずがない。
 
R、お前は愛されているんだよ。
東京の友だちもみんな手分けして探している。
お前のことを信じてるんだよ。
 
森下、エミちゃん、Rのために祈ってください。
安曇野日記を読んでくださるすべてのみなさん、Rのために祈ってください。
 
Rのお父さん、泣いていた。
Rのために泣いていた。
 
そして、捨てたもんでもない、世の人の温かさに触れて泣いていた。
 
R、お前は愛されているんだよ。
 
ウォールデンバンドHPのアドレスは http://acousticwaldenband.com/index.html
ウォールデンバンドFBのアドレスはhttps://www.facebook.com/acousticwaldenband
FBに登録されていない方でもどなたでもご覧になれます。
 
みなさん、応援してください。
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply