fc2ブログ

森の中の自家焙煎コーヒー店「カフェウォールデン」で猫と犬と音楽の生活

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1870「パブリック・アドレス」の巻

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1870「パブリック・アドレス」の巻

みなさんこんにちは、Acoustic Walden BANDの安曇野日記の時間です。

ウォールデンライブの再開のメドは立っていませんが、ライブが出来ない時間を利用して音場の改造に取り組んでいます。

僕はエンジニアではないので、今までの経験上とウォールデンの音を聴きながら実験的に改造して行くわけですが、一定のCDの音を聴きながら音場を作るわけではないので、どの要素が影響しているのか都度判断しながらの作業です。

まずはナイロン弦を指弾きした場合の音場。
これはけっこう簡単にできました。

次にナイロン弦をピックで弾いた場合。
う~む、ドラムがスティックの場合とブラシの場合でも違うし、演奏の質にも左右される。

ここまでで、今度は客席とステージ上での音感をチェックしました。
所謂返しの音、モニターを表の音と一体にするか、それともステージ上での音場の完成を優先させて表の音を別に出すか、、、、
みたいな感じです。

今ここ。

波動スピーカーでステージも客席も同じ音に包むイメージも考えましたが、その場合生音のドラムが問題になるかな。
またはマッキーのモニタースピーカーを増設して、意識させない音量で「場」を作るか。
今はフィッシュマンSA220とマッキーSRM350がメインですが、あえてべーアンとギターアンプを返しに増設しています。
そこらへんにdbxのEQかますってのも手かも。

まぁスピーカーの数が多いと空間系が広がるので、ミニマムな演奏が楽になります。

で、やることはエンタメのショーなので、盛り上がる場の設定音に即座に変更できることも要素になります。

ナイロン弦の指弾き、アコギの伴奏演奏用の音場、ピッキングソロでデュレイをかました場合の音、が回らないで心地良く鳴る音場を併設しなければならないわけです。

要するに演奏がうまければ問題ないんですが、「心地よすぎる」と演奏自体の音量が大きくなって音場が崩されてしまいます。
演奏者の微妙なタイミングのズレで逆相になって「音がうもれる」場合も出てきます。

それは単純に演奏がヘタということですね。

う~む、どうしよう。

以下、お読みください。

コロナの行政の対応に変化がありました。
信州は少し感染者が増えているようです。

コロナが収束しても(なにをもって収束かまだわかりませんが)、商環境や音楽環境に変化があると思われます。
もっと大きな社会のコモンセンスについては、僕は論じられません。

もう少し様子をみますが、しばらくしたらウォールデンの営業環境をまとめて書こうと思います。
音楽ライブについても同様です。

とりあえずは営業形態については、昨年の10月に決めた方針を踏襲しようと思っています。
臨機応変に対応する場面も多く出てくると思いますが、それはその都度判断して行きます。

みなさまのご協力をお願い申し上げます。

今はできる限り、発送によるコーヒー豆のご注文をいただけると幸いです。

今年のライブ再開もまだわかりません。
コロナ収束のめどが立って、小さい会場でのみなさまの安全の確保ができたと判断できたらライブを開催したいと考えています。

それまで、今しばらく制作の作業を続けてまいります。

2021年1月1日以降のカフェウォールデン・AWBの営業方針について

・カフェウォールデンはコーヒーをお楽しみいただくための店です

・お客様同士のおしゃべりが目的でのご利用はご遠慮ください

・待ち合わせ、打ち合わせ、などのご利用はご遠慮ください

・コーヒーが飲めないお子様はご遠慮ください、コーヒー豆のお買い上げ時の入店は歓迎します

・入店時にはマスクをしてください

・入店時に手の消毒をしてください

・プラスチック製のレジ袋を無料で配ることが法律で禁止になりました、できるかぎりマイバックを持ってご来店ください

・コーヒー豆はできる限り200gからご購入ください

・Go to eatはやっていません

・インターネット、SNS、グーグルマップ等への掲載、書き込みはご遠慮ください

・写真撮影は基本的にお断りしています

・ライブは延期します

・猫カフェではありません

・そして、コーヒーが好きな方、歓迎します

どうぞご理解くださいますようお願いいたします。

お客様に、私の友人であるみなさんにお願いしたいのです。

どうか、カフェウォールデンをかわいがってください。
そして、もしお気に召したのでしたら、私たちの音楽をお聴きください。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

ウォールデンバンドHP http://acousticwaldenband.com/index.html
ウォールデンバンドインスタグラム  https://www.instagram.com/acousticwaldenband
ウォールデンバンドTwitter https://twitter.com/nene_walden
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply