FC2ブログ

森の中の自家焙煎コーヒー店「カフェウォールデン」で猫と音楽の生活

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1772「エルサルバドル・カツーラ・ブラックハニー」の巻

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1772「エルサルバドル・カツーラ・ブラックハニー」の巻

みなさんこんにちは、Acoustic Walden BANDの安曇野日記の時間です。

エルサルバドル・カツーラ・ブラックハニー
何回か焙煎して残りあとわずかです。

             IMG_3864.jpg

エルサルバドル産・カツーラ種・精製方法がブラックハニーです。

コーヒーの種は主にアラビカ種ですが、カツーラ種はそれに属するブルボン種が変異したものと考えられていて、1915年にブラジルのミナス・ジェライス州で発見されたそうです。

酸味と渋みが強くコクがあるのが特徴です。

さらにブラックハニーというのは、コーヒー豆の果肉を完全に取りきらない状態での攪拌乾燥方法なので、その特徴が大きくでています。

種が違うジャバ・ロブスタもアラビカ種とはまったく違うテイストがしますが、今回入荷したエルサルバドル・カツーラ・ブラックハニーも、従来のウォールデンテイストとは違います。

本来は焙煎後すぐには飲まないんですが、久しぶりに真面目にテイストチェック表を出してカップテストをしました。
いろいろ書いても幻惑されるので、違う味だということだけ書いておきます。

ぶっちゃけ、だいぶ売っちゃってから書くなよと思うでしょ。
ごめんね、朝食のブレッドなんかにはあう味かと。
みんな、頑張って飲んでね。

うっ、真面目に書いたらお尻からケムリが出てきた。

             IMG_20200910_214624.jpg

以下、ウォールデンの方針をお読みください。

・コーヒーをお飲みのお客様はできる限りデッキでのお利用をお願いいたします。

・お客さまと僕と僕の家族の安全のために、ドアチャイムのピンポンを鳴らしてもらっています。

・ 今はできる限りコーヒー豆のお買い上げをお願いしていますが、よく存じ上げているお客さまと距離や時間の安全が確保できると判断した場合はコーヒーをお出ししています。

・ 今は初めてお越しいただいたお客さまには、コーヒー豆だけのお買い上げの説明をさせていただくことがあります。

・ どうぞコーヒー豆をお買い上げください。ご来店できないお客さまはメールでご発注ください、ヤマト便でお届けします。
お荷物が届いてから郵便局でお支払いください、振込手数料はかかりません。配送料金を500円だけ頂戴しています。

・ コーヒーをお飲みのお客さま、今はあまり長い時間のご利用は避けてください。

・ 猫カフェではありません。

ライブについて。
・ウォールデンのライブの秋開催、または12月の開催もメドは立ちません。

社会全体のコモンセンスが変化して行く時期だと考えます。
僕は僕で丁寧に、しかし誇り高く毅然と、歯を食いしばってウォールデンの営業と音楽を続けて行きます。

音楽ライブの形態も変わって行くのかもしれません。
人が実際に演奏することに対してのリスペクトの機運が高まると良いと考えています。

ベッシーさんと出会った頃のことを書いた曲のセッションをアップしました。
バンドHPからご覧になってください。

ウォールデンは今日も店を開けて、メールを開いて発注の確認をして、みくりや裕二さんとの作業を進めて、時間を惜しんで作曲して、掃除機をかけて、ネコ5匹の世話をしています。

これでつぶれたら僕の力はそれまでのことです。

新しい形で、ウォールデンを応援して頂けるように努力します。
みなさん、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

ウォールデンバンドHP http://acousticwaldenband.com/index.html
ウォールデンバンドFB https://www.facebook.com/acousticwaldenband
ウォールデンバンドTwitter https://twitter.com/nene_walden
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply