fc2ブログ

森の中の自家焙煎コーヒー店「カフェウォールデン」で猫と犬と音楽の生活

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1764「マジョリティ」の巻

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1764「マジョリティ」の巻

みなさんこんにちは、Acoustic Walden BANDの安曇野日記の時間です。

カフェウォールデンに限らず、店として政治と宗教の話はしないのはマナーです。

それでもそんな話をされるお客さんがいるのも事実です。

僕は慎重にその部分の会話が成立しないように配慮していますが、どうしてもグイグイくる人には丁重にお断りをしています。
個人の主張に僕として無抵抗に迎合できないし、乞食のようにコーヒーを売っているわけではありませんから。
それに、反対意見を言われるのは想定していないんでしょうから、僕としては一方的なテロに合うみたいなもんです。

ちょっと言葉が厳しいのはわかりやすくお伝えするためですが、反対意見を言ったらその人は二度と店に来ないでしょう。
それならそれでかまいませんが、マジョリティの一側面だと思います。

若い頃、サイレント・マジョリティの中にマイノリティなメンタルリーダーがどれくらい隠されているのだろうと本気で悩みました。

表層を見て踊っているように見えるけど、知恵があって物事の本質とシュミレーションのフローチャート図なんかとっくに考えているので、あえて問題が表面化しないように踊らされているのが大人なんだと考えたわけです。

ラウド・マイノリティはすみ分けて飲みこんじゃってるんだよね、僕だけの認識じゃないよね、ということです。

今の僕の評価ですか?
お答えは差し控えます。(笑)

ただ、レベル低下してるとは思う。

サイレント・マイノリティみたいな優秀な人もいらっしゃいます。
ウォールデンのお客さんには多いと勝手に思っています。
ただサイレントなのでわからないわけです。
非常時にもサイレントな場合、それはフツーにバカですが。

問題発言しました。

              IMG_20200829_070526.jpg

僕は、昨日の安倍総理大臣の退陣記者会見の質問を聞いていて、そんなこと考えていました。

総理大臣って僕は頼まれても、大金を積まれてもやりません。
無理。
まっ、そんな能力はてんでありませんから心配ないですが、それにしても頭に来てやめちゃうだろうなと思います。

文殊菩薩みたいだった。
いずれにしても、お疲れさまでした。

以下、ウォールデンの方針をお読みください。

・コーヒーをお飲みのお客様はできる限りデッキでのお利用をお願いいたします。

・お客さまと僕と僕の家族の安全のために、ドアチャイムのピンポンを鳴らしてもらっています。

・ 今はできる限りコーヒー豆のお買い上げをお願いしていますが、よく存じ上げているお客さまと距離や時間の安全が確保できると判断した場合はコーヒーをお出ししています。

・ 今は初めてお越しいただいたお客さまには、コーヒー豆だけのお買い上げの説明をさせていただくことがあります。

・ どうぞコーヒー豆をお買い上げください。ご来店できないお客さまはメールでご発注ください、ヤマト便でお届けします。
お荷物が届いてから郵便局でお支払いください、振込手数料はかかりません。配送料金を500円だけ頂戴しています。

・ コーヒーをお飲みのお客さま、今はあまり長い時間のご利用は避けてください。

・ 猫カフェではありません。

ライブについて。
・ウォールデンのライブの秋開催、または12月の開催もメドは立ちません。

社会全体のコモンセンスが変化して行く時期だと考えます。
僕は僕で丁寧に、しかし誇り高く毅然と、歯を食いしばってウォールデンの営業と音楽を続けて行きます。

音楽ライブの形態も変わって行くのかもしれません。
人が実際に演奏することに対してのリスペクトの機運が高まると良いと考えています。

ベッシーさんと出会った頃のことを書いた曲のセッションをアップしました。
バンドHPからご覧になってください。

ウォールデンは今日も店を開けて、メールを開いて発注の確認をして、みくりや裕二さんとの作業を進めて、時間を惜しんで作曲して、掃除機をかけて、ネコ5匹の世話をしています。

これでつぶれたら僕の力はそれまでのことです。

新しい形で、ウォールデンを応援して頂けるように努力します。
みなさん、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

ウォールデンバンドHP http://acousticwaldenband.com/index.html
ウォールデンバンドFB https://www.facebook.com/acousticwaldenband
ウォールデンバンドTwitter https://twitter.com/nene_walden
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply