FC2ブログ

森の中の自家焙煎コーヒー店「カフェウォールデン」で猫と音楽の生活

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1733「仕事の話、気分転換にホタル、あるいは花」の巻

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1733「仕事の話、気分転換にホタル、あるいは花」の巻

みなさんこんにちは、Acoustic Walden BANDの安曇野日記の時間です。

AWBのドラムのエミちゃんは体調が戻るまで家で静養しています。

僕個人としては、少しライブを休憩して制作の時間に充てる年もあって良いと思っていたので、今年のコロナとエミちゃんの体調は予測外ではありましたけど、それほど苦にはしていません。

ただ12月、またはクリスマス時期のライブの開催について聞かれることが多くなりました。
みなさんありがとうございます。

もちろん演奏したいと思っています。

しかしコロナの第二波が来ないか、with コロナ社会にウォールデンライブが対応できるのか、などを考えています。
もちろん、エミちゃんの体調も戻らなくてはなりません。

              IMG_20200627_121813.jpg

長野県の飲食店などの営業指針というか、コロナへの対応について県のHPなどを詳細に読んでいます。
具体的な施策は個々の対応、さらには個人の意識によるものが多いと理解できます。
また、その通りだとも思います。

ウォールデンはwith コロナに対応した店にしたいと考えていますが、それはすなわち店の存続に関わることでもあります。

お客さまには、店内ではなくデッキでのご利用をお願いすることが多いです。
あとから来られたお客さまをセパレートのために店内にご案内することもあります。

県外から来られたお客さまを差別するつもりはありませんが、長野県として7月上旬までは県内の経済活性化を優先する、そのため苦渋の説明ですが、県などの指導のもとにお客さまにトイレのご利用ができないことを説明して苦い顔をされることがあります。

長野県が配布している「コロナ対策協力店舗」というステッカーを添付しています。

お客さまお一人お一人のwith コロナ社会、価値観や行動様式が変わったのです、に対しての意識の差、または変化のスピードに大きな差異があることを目の当たりにしています。

私個人として、すべてに対応はできません。

誤解のないように書き添えさせてください。
お客さま、ウォールデンを応援してくださるみなさん、AWBを応援してくださるみなさんには感謝の言葉もありません。
本当にご声援ありがとうございます。

ライブが再開できるように、、、、
コーヒー豆屋、またはコーヒー専門店としての営業も続けて行けるように、、、、
お客さま、ひいては社会全体に対しての価値観のすり合わせを、一気に進めるようなことをして心が傷付かないように、、、、

そして毅然と、正当に、商いと音楽を進めて行きます。

厳しいお話しを書いたお詫びにホタルの動画をどうぞ。

と思ってアップしたんですが、サーバーのデータ変換に時間がかかるようなので、ウォールデンの花の写真をどうぞ。

            IMG_20200627_121724.jpg
            IMG_20200627_121626.jpg
            IMG_20200627_121534.jpg

近所のホタルを見に行ってきました。
北アルプスとホタル、美しかった。

               IMG_20200628_201004.jpg

以下はウォールデンの営業指針です。
現在のところ変わりはありません。

・お客さまと僕と僕の家族の安全のために、ドアチャイムのピンポンを鳴らしてもらっています。

・ 今はできる限りコーヒー豆のお買い上げをお願いしていますが、よく存じ上げているお客さまと距離や時間の安全が確保できると判断した場合はコーヒーをお出ししています。

・ 今は初めてお越しいただいたお客さまには、コーヒー豆だけのお買い上げの説明をさせていただくことがあります。

・ どうぞコーヒー豆をお買い上げください。ご来店できないお客さまはメールでご発注ください、ヤマト便でお届けします。
お荷物が届いてから郵便局でお支払いください、振込手数料はかかりません。配送料金を500円だけ頂戴しています。

・ コーヒーをお飲みのお客さま、今はあまり長い時間のご利用は避けてください。

・ 猫カフェではありません。

ライブについて。
・ウォールデンのライブの秋開催、または12月の開催もメドは立ちません。

社会全体のコモンセンスが変化して行く時期だと考えます。
僕は僕で丁寧に、しかし誇り高く毅然と、歯を食いしばってウォールデンの営業と音楽を続けて行きます。

音楽ライブの形態も変わって行くのかもしれません。
人が実際に演奏することに対してのリスペクトの機運が高まると良いと考えています。

ベッシーさんと出会った頃のことを書いた曲のセッションをアップしました。
バンドHPからご覧になってください。

ウォールデンは今日も店を開けて、メールを開いて発注の確認をして、みくりや裕二さんとの作業を進めて、時間を惜しんで作曲して、掃除機をかけて、ネコ5匹の世話をしています。

これでつぶれたら僕の力はそれまでのことです。

新しい形で、ウォールデンを応援して頂けるように努力します。
みなさん、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

ウォールデンバンドHP http://acousticwaldenband.com/index.html
ウォールデンバンドFB https://www.facebook.com/acousticwaldenband
ウォールデンバンドTwitter https://twitter.com/nene_walden

スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply