FC2ブログ

森の中の自家焙煎コーヒー店「カフェウォールデン」で猫と音楽の生活

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1732「タートルトーク」の巻

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1732「タートルトーク」の巻

みなさんこんにちは、Acoustic Walden BANDの安曇野日記の時間です。

スイカを食べながらフラーハウスのDVDを観ました。

どっちも森下が買ってきてくれたんですが、フルハウスって最初の頃は設定もテキトーだったので、30年後に初回設定を再現すると家の設計図がスゴイことになりますね。

まっ、それも楽しい要素なんですが。
シットコムって、難しい人生の課題を笑いながら教えてくれるのでおもしろいです。

前にディズニーシーに行った時にタートルトークに入ったんですが、人語を解するカメと会話するやつですね、で、カメに指名された人が会話するんですが、ベッシーさんは時々カメにあてられるんですよ。

その時は高校生くらいの女の子があてられたんですが、その子がカメに「いいおかあさんになるにはどうすれば良いですか?」と質問をしたのです。

僕は内心、ディズニーにしては重い質問だなと思いました。(笑)

そしたらカメは間髪入れずに「今の気持ちを忘れないことだ」と言いました。

ちょっとだけ間をおいて満場の拍手になりました。
特にお母さんたちが大きな拍手をしていたかな。

「オレはただのカメだ、拍手なんかするな」と言ってましたが、とても良いものを見た気がしました。

そんな力がありますね。

さて、6月19日から県をまたいでの移動が解禁になったあともウォールデンは以下の営業方針で変更ありません。

長野県の基本方針に従います。

まずは概ね7月2日まで

・お客さまと僕と僕の家族の安全のために、ドアチャイムのピンポンを鳴らしてもらっています。

・ 今はできる限りコーヒー豆のお買い上げをお願いしていますが、よく存じ上げているお客さまと距離や時間の安全が確保できると判断した場合はコーヒーをお出ししています。

・ 今は初めてお越しいただいたお客さまには、コーヒー豆だけのお買い上げの説明をさせていただくことがあります。

・ どうぞコーヒー豆をお買い上げください。ご来店できないお客さまはメールでご発注ください、ヤマト便でお届けします。
お荷物が届いてから郵便局でお支払いください、振込手数料はかかりません。配送料金を500円だけ頂戴しています。

・ コーヒーをお飲みのお客さま、今はあまり長い時間のご利用は避けてください。

・ 猫カフェではありません。

ライブについて。
・ウォールデンのライブの秋開催、または12月の開催もメドは立ちません。

社会全体のコモンセンスが変化して行く時期だと考えます。
僕は僕で丁寧に、しかし誇り高く毅然と、歯を食いしばってウォールデンの営業と音楽を続けて行きます。

音楽ライブの形態も変わって行くのかもしれません。
人が実際に演奏することに対してのリスペクトの機運が高まると良いと考えています。

ベッシーさんと出会った頃のことを書いた曲のセッションをアップしました。
バンドHPからご覧になってください。

ウォールデンは今日も店を開けて、メールを開いて発注の確認をして、みくりや裕二さんとの作業を進めて、時間を惜しんで作曲して、掃除機をかけて、ネコ5匹の世話をしています。

これでつぶれたら僕の力はそれまでのことです。

新しい形で、ウォールデンを応援して頂けるように努力します。
みなさん、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

ウォールデンバンドHP http://acousticwaldenband.com/index.html
ウォールデンバンドFB https://www.facebook.com/acousticwaldenband
ウォールデンバンドTwitter https://twitter.com/nene_walden

スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply