FC2ブログ

森の中の自家焙煎コーヒー店「カフェウォールデン」で猫と音楽の生活

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1639「ファウスト」の巻

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1639「ファウスト」の巻

みなさんこんにちは、Acoustic Walden BANDの安曇野日記の時間です。

安曇野は雪になりました。

久しぶりにデッキの雪かきをしましたが、なかなか重たい雪です。
雪の中で人生を過ごしてきた時期があったので感覚は持ち合わせているつもりですが、それもだいぶ鈍ってきたように思います。
もっともそれは僕にとって良いことだと思いますが。

 IMG_3620.jpgIMG_3621.jpg

札幌、ニセコ、キロロ、余市岳、富良野、NZの雪とも違う、安曇野の雪でした。
午後には融けるでしょう。

こんな日に限って森下たちは朝も早よから大阪に向かっていますし、ベッシーさんは塩尻に行っています。
それぞれ事故に気をつけて、うまく高速道路を使ってください。

雪質って標高や向きによって見事に違いますよね。
湿度の高い嫌な低温の朝に起きて山に行くと、途中から乾雪に変わって景色が一変することがあります。
気持ちは鬱なのでなかなかエンジンがかからないんですが、条件としては最高だったりします。
アンダープレッシャーかけて踏み込めば、パウダー食えますから。
ステアリングするとマグロになります。(笑)

僕はいつも「この先には何があるんだろう」と思って生きてきました。
「結果は見えてるじゃん」とか「学習しないね」とかには耳を貸しませんでした。
今も貸しません。

子どもが母親に聞くように素朴な疑問をそのまま実践して、失敗してきました。
「なるほど、本当にうまく行かないや」みたいなことも数えきれません。
スキーもそうでしたし、音楽もそうです。
語学の習得には役だったかな。

子どもの頃読んだファウストの影響かもしれません。

ウォールデンバンドHP http://acousticwaldenband.com/index.html
ウォールデンバンドFB https://www.facebook.com/acousticwaldenband
ウォールデンバンドTwitter https://twitter.com/nene_walden

スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply