FC2ブログ

森の中の自家焙煎コーヒー店「カフェウォールデン」で猫と音楽の生活

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1559「ゆで卵とフランキー・ヴァリ」

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1559「ゆで卵とフランキー・ヴァリ」

みなさんこんにちは、Acoustic Walden BANDの安曇野日記の時間です。

随分前ですが、「ゆで卵の作り方」というテーマで大学論文を提出した人がいました。
内容は読んでいませんが、おそらく論文形式に則った組み立てを評価してもらうためにわざわざゆで卵を選んだんだと思います。
優秀な人でしたし、たしか高評価だったように記憶しています。
しかも有名国立大学への論文だったので、なかなか勇気のある人でもあります。

時々その話をみんなにします。
客観的に捉えて観察力があれば推論が立ちますからね。
その推論が立証されるかどうか、楽しみに観察するわけです。
その手法を際立たせないと論文として成立しないというわけです。

ウォールデンは学者村というところにあるので、名だたる大学の先生がコーヒーを飲みに来られます。
論文のプロがひしめいているわけです。

先日は高山病のメカニズムを教えてもらいました。
順応のメカニズムの推論も。
特に順応の推論が面白かったです。

ある中世文学の成立論も面白いです。
彫刻を中心とした芸術論を教えてくれる人もいます。
流星の速度を測定してくれた人もいました。
ユニークな師匠としては津軽弁を教えてくれる人もいます。(笑)

ベッシーさんが来週、フランキー・ヴァリを聴きに行こうかなと言ってました。
さてどうなることでしょうか。

今年はいろいろ動き回っているので楽しみです。

ウォールデンバンドHP http://acousticwaldenband.com/index.html
ウォールデンバンドFB https://www.facebook.com/acousticwaldenband
ウォールデンバンドTwitter https://twitter.com/nene_walden

スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply