FC2ブログ

森の中の自家焙煎コーヒー店「カフェウォールデン」で猫と音楽の生活

Waldenの安曇野日記 Vol.63

CATEGORY無題
Waldenの安曇野日記 Vol.63「サンタあらわるの巻
 
みなさんこんにちは、Waldenの安曇野日記の時間です。
 
このところ、安曇野日記の更新が遅れていて、問い合わせがありました。
実は、忙しくて日記の更新をおこたっていました。
なんで忙しいかというと、この時期アルバイトでサンタクロースをやってるんですよ。
本業だけでは生活が苦しくて。
 
そんなわけで、いろいろ飛び回っていました。
サンタの本部は北極にあるらしいんですが、行ったことありません。
創業はフィンランドらしいですが、それも昔のことなんで、、、、
 
で、日本支部がいろんなところにあるんですけど、僕は安曇野担当のバイトをしているんですよ。
今年は、木曽のある学校に行ってきました。
みんな喜んでくれましたよ。
サンタ関連の曲を78曲演奏しました、それとみんなが知っているような曲。
23曲では乗ってきて、またアドリブかましてしまいました。
そんな時はこども達よりも先生の方が乗ってたりして。
 
最後に帰るとき、一人の子がついて来て離れませんでした。
こどもの前でバイトの服を着替えるわけにもゆかず、困ってしまいました。
 
「どこから来たの?」
「北極」
 
ってな感じでごまかしてたんですけど、いよいよ駐車場まで着いてきたので、車のナンバーを見られてしまいました。
 
「あっ、松本ナンバーだ」
「いやー、松本空港から北極に帰るんだよ」
 
って、松本空港って北極便飛んでますか?
 
みなさんはサンタって本当にいると思いますか?
まじめな話、僕はいると信じてますよ。
 
昔、大草原の小さな家のエドワーズさんが、主人公のローラにサンタに会った話をしています。
 
「エドワーズさん、どこでサンタに会ったの?」
「酒場を出たところでバッタリとな」
                                                  
サンタクロースって、いるんじゃないですかね。
ただ、だんだん忘れちゃうんですよ。
自分がサンタだってこと。
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply