FC2ブログ

森の中の自家焙煎コーヒー店「カフェウォールデン」で猫と音楽の生活

Waldenの安曇野日記 Vol.193「チャーリー・ワッツか一平か」の巻

CATEGORY無題
Waldenの安曇野日記 Vol.193「チャーリー・ワッツか一平か」の巻

みなさんこんにちは、Waldenの安曇野日記の時間です。
 
今日はウォールデンの定休日で、床屋さんに行ってきました。
床屋さんに行ったのは、今年初めてかもしれません。
今年初めて床屋さんに行った、という意味ではありません。
今までの人生で床屋さんには数百回は行っていますけど、今年に入って行ったのは初めて、という意味です。
 
でも、床屋さんに言葉で髪型を説明するってかなりむずかしいですよね。
結局、僕は高校時代から髪型はまったく一緒です。
要するに生えているだけ。
アクセントとして、ナチュラルに寝ぐせをつけています。
 
床屋さん
「今日はどうしますか?」
「・・・・どうしますかって、短くするしかないでしょ」
床屋さん
「もみあげは自然で良いですか?」
「不自然なもみあげってどんなんですか?」
床屋さん
「どこかかゆいところありますか?」
「かゆいところ・・・・って自分で掻くから良いです」
 
的妄想が毎回うずまきます。
 
それでも、今回は思い切ってヘアスタイルを変更しようと思って挑戦してみました。
ローリングストーンズのチャーリー・ワッツの写真を見せて「これ参考写真」、と言ってみました。
 
「これ、参考写真」
床屋さん
「ゲーッ!!」
なんか、失礼な床屋さんですよね。
 
で、結局前髪はあまり切らずに、横と後ろを短く、全体にマッシュルームカットのイメージで切ってもらいました。
 
床屋さん
「どうですか?」
「はぁ・・・・」 
ローリングストーンズのチャーリー・ワッツというより、ALWAYSの一平みたいになってしまった。
これだとマッシュルームカットじゃなくて、ただの坊ちゃん刈りですね。
 
しばらく、外出はひかえて髪の毛が生えるのを待ちますか。
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply