FC2ブログ

森の中の自家焙煎コーヒー店「カフェウォールデン」で猫と音楽の生活

Waldenの安曇野日記 Vol.203「Waldenのフクちゃん日記」の巻

CATEGORY無題
Waldenの安曇野日記 Vol.203「Waldenのフクちゃん日記」の巻
 
みなさんこんにちは、Waldenの安曇野日記の時間です。
 
またまたフクちゃん日記の時間です。
 
もう安曇野日記じゃなくて、フクちゃん日記に変更しようかなぁ、と思うくらいフクちゃんはイロイロやらかしてくれています。
 
まず、毎朝5時には必ず絶好調になって家の中を飛び回っています。
                                                                                                                 机の上でハンガーストライキ中のフクちゃん
 
僕が眠い目をこすりながら「ウッセーなー、しじかにしろ」、と言ってもまったくカンケーありません。
脱走しようとして2階の窓から飛び降りようとした時は、さすがに考え込んでいましたけど。
昨日の夕方は、めずらしく書類に向かって仕事をしている僕がまったく相手にしなかったので、怒ったフクちゃんは机の上に飛び乗ってストライキをはじめました。
そのあと、自分のシッポでいいだけ遊んでいました。
んで、なごなご鳴くのでうちわで扇いであげたら、とても満足そうに目を細めていました。
 

フクちゃんって「ニャー」とは鳴かないですね。
「みご」とか「うに」とか、あと「くー」が多いです。
そのうちに解読してフクリンガルを開発しようと思っています。
 
フクちゃん 「みご」
僕 「んぎゃ」
フクちゃん 「みごうに」
僕 「くー」
みたいな感じで。
   うちわで扇がれてご満足のフクちゃん
 
そういえば、アホの姪のAさん(仮名)がメールで、「フクちゃんハナクソついてるよ」と書いていました。
フクリンガルでフクちゃんに言ったら怒ってました。
 
僕 「みご、んぎゃ、ぐー」
フクちゃん 「げー、ぐぐーっ」(怒)
 
それでは、フクちゃんを見て暑い夏をなごんでください。
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply