FC2ブログ

Acoustic Walden BANDの安曇野日記

森の中の自家焙煎コーヒー店「カフェウォールデン」で猫と音楽の生活

Top page  1/340

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1660「北斗星」の巻

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1660「北斗星」の巻

みなさんこんにちは、Acoustic Walden BANDの安曇野日記の時間です。

ここまで1660回も書いてきた安曇野日記に、一度しか書いていないと記憶しているエピソードがあります。

もう一度書きます。

昔、僕が大怪我をして、ある事情から上野駅発の寝台特急北斗星で札幌に向かった話は何度か書きました。
怪我の事情などは割愛します。

もう一度書きたいのは、北斗星の中での出来事です。

僕は時々意識がなくなりそうな痛みの状態で、上野駅で札幌行きの当日特急券を買いました。
上野駅の13番ホームは北斗星のために増設されたような一番端っこにある長いホームで、まともに歩けるような状態ではなかった僕は、実際に駅の構内で意識が遠のきそうな瞬間があったと記憶しています。

B寝台の下の座席を希望しましたが、あいにく満席で中段のベッドになりました。
仕事も中断して、何度か転院した僕のお金はようやく札幌までの切符を買える程度でした。
札幌の知り合いの医者が「絶対に関節固定術はするな、なんとか札幌まで来るように」と言ってくれた言葉だけが頼りでした。

少しずつ動き出した北斗星ですが、僕には実感が湧きませんでした。
なぜかすべてが幻のように思えたのです。
そして、おそらくは熊谷付近まで通路で寝ていました。
実際は意識を失っていた、中段ベッドに上る体力と筋力がもうなかったのです。

JRの名誉のために書きますが、検札の車掌さんが鶯谷駅を通過直後くらいに来られた時に僕は通路の補助いすに腰かけていました。
ただ、そのあとの記憶がありません。
そして、おそらくは見かねたおばあさんが僕に声をかけてくれました。
どうぞ下段のベッドをお使いください、とおっしゃるのです。

不覚にもお礼を申し上げる余裕もなく、眠りに落ちました。
考えると、人間にお礼を言うことが嫌だったのかもしれません。
僕は今でもこの時のことを恥じていて、出会った人には缶コーヒーを差し上げるようにしています。

目が覚めると目の前に海が広がっていました。
一目で北海道の海だとわかりました。
七飯あたりの噴火湾、ゆるやかなカーブから見える駒ケ岳。

そして目の前にニコニコした、それでも慎ましやかなおばあさんが座っていました。
そして僕にサンドイッチと飲み物を差し出してくれたのです。

何を話したかおぼえていません。
涙をこらえるのに必死だったからです。

親のことも、家族のことも聞かれませんでした。
ただ寄り添ってくれた。
そして、やさしく励ましてくれました。
札幌にいるお嬢さんに会いに行かれるとおっしゃっていた。
僕の年頃のような娘さんだとも言っておられた。

それ以外の余計なことは、なにも聞かれなかった。

僕は今でも未熟な人間で、客観的に物事を見るようにしているつもりですが、相手の物差しが主観であると判断すれば攻撃に転じます。
正確にはこちらも主観で答えるわけですが。

それでも、客観視した上での人さまへの愛情は失わないようにしてきたつもりです。
それが本当の愛情だと考えているからです。

愛情をシェアしませんか。
新型コロナが来たら、みんなで立ち向かえば良い。

僕は若いギタリストの森下を普段はボロクソに言っていますが、人として尊重しています。
我々50代60代のような老人よりも、ゆとり世代と言われている若者の方がはるかにマナーも礼節もきちんとしています。

若者に笑われないように、僕は時々北斗星で出会ったおばあさんのことを思い出します。

牧 裕二

ウォールデンバンドHP http://acousticwaldenband.com/index.html
ウォールデンバンドFB https://www.facebook.com/acousticwaldenband
ウォールデンバンドTwitter https://twitter.com/nene_walden

スポンサーサイト



Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1659「大リーグボール」の巻

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1659「大リーグボール」の巻

みなさんこんにちは、Acoustic Walden BANDの安曇野日記の時間です。

突然ですが大リーグボール2号の攻略方法をお教えします。

先日、いつもY市からコーヒーを飲みに来られるOさんと、大リーグボールの話になりました。
途中で文学論になってしまったので、肝心の攻略法をお話しするのを忘れてしまったのです。
で、この間You tubeで元広島のキャッチャーの達川氏が「アンパイアからボールが見えなかったら判定はボール」と言ってました。

達川さんって審判のことアンパイアって言いますよね。
なので、消える魔球大リーグボール2号はアンパイアにも見えないので判定ボールです。
だから、ボケっと立っていればファーボールです。

次、大リーグボール1号。
えっ、もう良い?
まぁそう言わずに。

バッターの持っているバットめがけて投げてくる大リーグボール1号ですが、せっかくボールの方からバットに当たってくれるんですからそのまま振ってホームラン。

次、大リーグボール3号。
もう勘弁してください?
いいえ勘弁できません。

バットをよける魔球大リーグボール3号ですが、攻略方法としてはチャランポランに打つ。

チャランポランなバットスィングには当たりやすい球だと思いますし、もっとも重要なのはバッターの態度自体がチャランポランだと星飛雄馬も「なんかそこまで命懸けで野球やんのも馬鹿馬鹿しい」と思うわけです。

南海ホークス全盛時代のマンガで、たしか大リーグボール1号の刺客は日本シリーズの対阪急戦のダリル・スペンサーだったと思います。
その時、ネット裏で前年の日本シリーズで巨人と対戦していた南海の捕手野村がすでにブツブツつぶやいていたと記憶しています。

野村克也さんに大リーグボールの攻略法を話してもらいたかったです。

ウォールデンバンドHP http://acousticwaldenband.com/index.html
ウォールデンバンドFB https://www.facebook.com/acousticwaldenband
ウォールデンバンドTwitter https://twitter.com/nene_walden

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1658「リーマンって出来た?」の巻

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1658「リーマンって出来た?」の巻

みなさんこんにちは、Acoustic Walden BANDの安曇野日記の時間です。

「ラティーノヒート」という曲を書いて少し前から演奏しているんですが、みくりや裕二さんとレコーディングするにあたってアレンジをし直しました。

それで最善のタイム感を出す作業をしているんですが、そういうのが一番難しいです。
適切なところに適正が音が配置されている。
なんか素数の出現を予測するような気分ですね。

難しいけど、楽しくて知的に興奮します。
昔読んだ利根川進博士の本によると、人間の行動も予測できるはずなんだけどなぁ。

今のところまったく予測できていません。(笑)
方程式があるんならパソコンに入れとけば自動計算してくれるんだけどなぁ。

バベルの塔を作って神に近づこうとした人間に怒った本物の神様が、塔を破壊して慢心を諫めるために言語を無数に増やした、という本を読んだことがありますが、だからこそ楽しいとも思います。

解釈、無限だもんね。
解がないって面白いです。

              IMG_3670.jpg

今日はベッシーさんが歯科大に行ってます。

今日はニャンニャンニャンでねこの日ですね。
うちはニャンニャンニャンニャンニャンです。(全員写りきらん)

ウォールデンバンドHP http://acousticwaldenband.com/index.html
ウォールデンバンドFB https://www.facebook.com/acousticwaldenband
ウォールデンバンドTwitter https://twitter.com/nene_walden

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1657「エミちゃん、たたられる」の巻

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1657「エミちゃん、たたられる」の巻

みなさんこんにちは、Acoustic Walden BANDの安曇野日記の時間です。

昨日は歯科大に検診に行ってきました。

ミック・ジャガーとエルトン・ジョンとフレディ・マーキュリーとエリック・クラプトンの歯の変遷の話、面白そうでしょ。
あと、歯を売りにしている芸能人の審美歯科の話なんかです。
こっちも面白そうでしょ。
いろいろプライバシーがあるから書かないもんね。

で、僕は80歳になった時の奥歯の状況を予想して準備をしています。
すごい先生ですよね。

ほんでもって、髪の毛が長くなったのでいつもの美容室に行ったら1時間半待ちだったので断念。
帰ってきてニャンタンとフクちゃんとねねちゃんと愛ちゃんと麦ちゃんと遊んでいたら、コーヒー豆の大量発注があったので配送の手配をしてから、結局焙煎してました。
働き者じゃろ。

みくりや裕二さんと作っている新しいCDの「ラティーノヒート」ですが、みくりやさんのライブがあるのでちょっとお休みしています。
お休みって言っても確認作業だけなんですが。
それで時間が出来たので、昨年から作りかけている「ずっとそばにいて」という曲を書いていました。

                IMG_3674.jpg

いつもは6月くらいにウォールデンでライブをやることが多いんですが、今年はレコーディング作業と作曲をまだやっているのでどうなることやら。
東京オリンピックとかコロナウィルスのことがあって、なんとなく人が集まるのを嫌がるかもしれないなぁとか考えています。

で、昨日はエミちゃんが風邪でダウン。
インフルエンザでもありませんし、もちろん新型肺炎でもありません。
ベッシーさんがお粥作って持って行った。

家康の墓荒らしに行ったたたりかもしんない。

ウォールデンバンドHP http://acousticwaldenband.com/index.html
ウォールデンバンドFB https://www.facebook.com/acousticwaldenband
ウォールデンバンドTwitter https://twitter.com/nene_walden

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1656「森下さん、カニ食べる」の巻

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1656「森下さん、カニ食べる」の巻

みなさんこんにちは、Acoustic Walden BANDの安曇野日記の時間です。

久能山に徳川家康の墓荒らしに行った森下が帰ってきました。

牧 「どうだった、家康はいたか?」
森下 「いました。どうやら御霊だけが東照宮に行ったらしいです」

なかなか問題発言ですが発言者は森下です。

牧 「で、掘ってきたのか」
森下 「はい、これです」
牧 「おぉ!」

いちごでした。
久能山で取ったいちご。
おいしかった。

で、昨夜は鍋だったので、みんなで鍋をつついていました。

牧 「肉、肉、森下は野菜食べろよ、健康に良いから」
森下 「牧さん、明日家にいますか?」

牧 「あたりまえだろ、お前白菜食うか?」
森下 「安曇野日記読んでギタースタンド発注しときました、明日届きます」

牧 「なに?」
森下 「新しいの、牧さん使ってください」

森下、お前ってなんて良いやつなんだ。
そう言えば、最近ギターもうまくなってきた(ようにも思える)。

牧 「おい森下、お前野菜は身体に悪いからカニ食えほら、かまぼこだけど」
森下 「ありがとうございます」
っつーね。

あとはブーメランの作り方と消える魔球の投げ方を教えてやった。
平和じゃ。

ウォールデンバンドHP http://acousticwaldenband.com/index.html
ウォールデンバンドFB https://www.facebook.com/acousticwaldenband
ウォールデンバンドTwitter https://twitter.com/nene_walden