FC2ブログ

Acoustic Walden BANDの安曇野日記

森の中の自家焙煎コーヒー店「カフェウォールデン」で猫と音楽の生活

Top page  1/351

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1718「6月もコーヒー豆を売って行きます」の巻

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1718「6月もコーヒー豆を売って行きます」の巻

みなさんこんにちは、Acoustic Walden BANDの安曇野日記の時間です。

6月になりました。

ウォールデンの一般的な営業を本格的に再開して行く方針を立てなければなりません。

しかし、実際には考えながら進めて行きます。

なぜなら僕はこう感じています。

まず世の中の流れとしては、先に東京など限定的な地域で自粛が始まりました。
そのあと日本全国に緊急事態宣言が出て、具体的な自粛内容は各都道府県の判断に委ねられました。

全国の緊急事態宣言が解除されてからも、各都道府県の判断で状況的な自粛の要請が出ていますが、それも5月末日まででほぼ終了しました。
県をまたいでの移動は概ね6月の終盤から再開される見通しです。

これが大きな流れです。

現在のコロナの新規感染者数や従来のインフルエンザの数、経済活動の実態などから、もはや新型コロナウィルスの感染拡大を防止すること「だけ」を念頭に営業形態を決めるような話ではないと考えます。

マクロ経済のことを書くつもりはありませんが、かと言ってウォールデンのようなオンリーワンの店の営業形態を今回のことで決定付けるマニュアルを行政が指導できるわけでもありません。

コロナの「感染数」よりも、「人の意識が変革した」ことに対応した新しい営業形態を「模索」する、というのが実際のところではないかと思います。

                nene.jpg

僕はウォールデンが開業した当時の本来の姿が望ましいと思っています。

もともとウォールデンは商業的な立地条件を放棄しています。

SNSへの書き込みをお断りしています。
プライベート以外の写真撮影もお断わりしています。

以前は世の中全体にも、それが居心地が良いと感じる文化はあったと思いますが、声が大きい人が優先されて崩壊したとも感じています。

ウォールデンはコーヒー豆を売っていますが、媚びを売っているわけではありません。
お客さまからは貴重なお金をいただいていますが、代わりに私が一生懸命に焙煎したコーヒー豆をお渡ししています。

お客さまとの会話は「友人」としてのものであり、勝手な話をなんでも聞く責務はありません。
個人的にお話しになりたければ是非アポイントメントをお取りください。

書いてしまうとひどい店のように見えるかもしれませんが、私はこれが常識だと思います。

ウォールデンはひどいことを書かれたことはありませんが、、、、

食べログなどに神にでもなったかのように書き込むような人はウォールデンには入店しないでください。
近寄りたくもありません。
グーグルマップの書き込みも遠慮してください。
うざったいです。

私は私なりのやり方で、お客さまには丁寧に接しているつもりです。
お客さまにはお客さまとして、友人には友人として。

そして、それはすでに成り立っていると感じています。

ウォールデンには素晴らしいお客さまが、信頼できる友人がたくさんいます。

今回のことでそれを思い出しました。

みなさんには感謝の言葉もありません。


                mugi.jpg

ウォールデンの営業を以下にまとめます。

・ お客さまと僕と僕の家族の安全のために、ドアチャイムのピンポンを鳴らしてもらっています。

・ 今はできる限りコーヒー豆のお買い上げをお願いしていますが、よく存じ上げているお客さまと距離や時間の安全が確保できると判断した場合はコーヒーをお出ししています。

・ 今は初めてお越しいただいたお客さまには、コーヒー豆だけのお買い上げの説明をさせていただくことがあります。

・ どうぞコーヒー豆をお買い上げください。ご来店できないお客さまはメールでご発注ください、ヤマト便でお届けします。
お荷物が届いてから郵便局でお支払いください、振込手数料はかかりません。配送料金を500円だけ頂戴しています。

・ コーヒーをお飲みのお客さま、今はあまり長い時間のご利用は避けてください。

・ 猫カフェではありません。

社会全体のコモンセンスが変化して行く時期だと考えます。
僕は僕で丁寧に、しかし誇り高く毅然と、歯を食いしばってウォールデンの営業と音楽を続けて行きます。

ライブについての専門家会議の意見をまとめました。

・まだ開催は見送られるべきであること
・諸外国でも対応はまちまちであること
・おおむね100人以下を少人数ライブとすること
・収容定員の半数以下にするなど3密を避ける工夫をすること
・その以外にも検温、連絡先の把握などの対応を考えること

ウォールデンのライブの秋開催、または12月の開催もメドは立ちません。

音楽ライブの形態が変わって行くのかもしれません。
それとも人が実際に演奏することに対してのリスペクトの機運が高まるのかもしれません。

ベッシーさんと出会った頃のことを書いた曲のセッションをアップしました。
バンドHPからご覧になってください。

ウォールデンとAWBを応援していただいているお客さま、友人のみなさん、お世話になっている方たちには感謝の言葉もありません。

みなさんお一人お一人がたいへんな中、コーヒー豆をご注文いただいたり、声をかけていただくみなさん、本当にどうもありがとうございます。

ウォールデンは今日も店を開けて、メールを開いて発注の確認をして、みくりや裕二さんとの作業を進めて、時間を惜しんで作曲して、掃除機をかけて、ネコ5匹の世話をしています。

どうかみなさんも感染に気をつけて、でも風評に惑わされずにお過ごしください。

またお会いできますように。

ウォールデンバンドHP http://acousticwaldenband.com/index.html
ウォールデンバンドFB https://www.facebook.com/acousticwaldenband
ウォールデンバンドTwitter https://twitter.com/nene_walden

スポンサーサイト



Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1717「エルサルバドル・パカマラ」の巻

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1717「エルサルバドル・パカマラ」の巻

みなさんこんにちは、Acoustic Walden BANDの安曇野日記の時間です。

また新しい豆を入手しました。

エルサルバドル・パカマラ 100g 600円です。

               IMG_20200531_104841.jpg

中米のエルサルバドルの豆で、かなり大きめのコーヒー豆です。
焙煎してる最中の感じが、やっぱり豆のサイズが大きいブラジルサントスNo.2に似ていました。
バキパカッンと爆ぜる感じですね。

テイストは上品な酸味ですがまだ飲んでいないのでわかりません。
アロマはまだ炭酸ガスの匂いしかしないのでわかりません。(笑)

いつもように数量少ないです。
今朝焙煎したら早速売れました。
僕が飲もうと思って仕入れたので原価計算してません。
おそらく売価設定安いです。(笑)

ねねが匂いかいでました。

                IMG_20200531_093359.jpg

ウォールデンの営業を以下にまとめます。

・ お客さまと僕と僕の家族の安全のために、ドアチャイムのピンポンを鳴らしてもらっています。

・ 今はできる限りコーヒー豆のお買い上げをお願いしていますが、よく存じ上げているお客さまと距離や時間の安全が確保できると判断した場合はコーヒーをお出ししています。

・ 今は初めてお越しいただいたお客さまには、コーヒー豆だけのお買い上げの説明をさせていただくことがあります。

・ どうぞコーヒー豆をお買い上げください。ご来店できないお客さまはメールでご発注ください、ヤマト便でお届けします。
お荷物が届いてから郵便局でお支払いください、振込手数料はかかりません。配送料金を500円だけ頂戴しています。

・ コーヒーをお飲みのお客さま、今はあまり長い時間のご利用は避けてください。

・ 猫カフェではありません。

社会全体のコモンセンスが変化して行く時期だと考えます。
僕は僕で丁寧に、しかし誇り高く毅然と、歯を食いしばってウォールデンの営業と音楽を続けて行きます。

ライブについての専門家会議の意見をまとめました。

・まだ開催は見送られるべきであること
・諸外国でも対応はまちまちであること
・おおむね100人以下を少人数ライブとすること
・収容定員の半数以下にするなど3密を避ける工夫をすること
・その以外にも検温、連絡先の把握などの対応を考えること

ウォールデンのライブの秋開催、または12月の開催もメドは立ちません。

音楽ライブの形態が変わって行くのかもしれません。
それとも人が実際に演奏することに対してのリスペクトの機運が高まるのかもしれません。

ベッシーさんと出会った頃のことを書いた曲のセッションをアップしました。
バンドHPからご覧になってください。

ウォールデンとAWBを応援していただいているお客さま、友人のみなさん、お世話になっている方たちには感謝の言葉もありません。

みなさんお一人お一人がたいへんな中、コーヒー豆をご注文いただいたり、声をかけていただくみなさん、本当にどうもありがとうございます。

ウォールデンは今日も店を開けて、メールを開いて発注の確認をして、みくりや裕二さんとの作業を進めて、時間を惜しんで作曲して、掃除機をかけて、ネコ5匹の世話をしています。

どうかみなさんも感染に気をつけて、でも風評に惑わされずにお過ごしください。

またお会いできますように。

ウォールデンバンドHP http://acousticwaldenband.com/index.html
ウォールデンバンドFB https://www.facebook.com/acousticwaldenband
ウォールデンバンドTwitter https://twitter.com/nene_walden

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1716「ジョージ・フォアマン」の巻

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1716「ジョージ・フォアマン」の巻

みなさんこんにちは、Acoustic Walden BANDの安曇野日記の時間です。

森下にボクシングのジョージ・フォアマンの話をしたら、「敗れざる者」ジョージ・フォアマン自伝という本を買ってきてくれました。

ちょっと前に野球の榎本喜八伝を読んで感動していたんですが、そしたらエミちゃんが榎本喜八にハマって、というよりスポーツ選手の霊的な体験みたいな話にヒントを求めてきたわけです。

まぁ、なんとなく知らない世界ではないですが。

で、フォアマンは有名なモハメド・アリとタイトルホルダーとして戦って敗れ、世界ヘビー級チャンピオンの座をアリに譲り渡してしまいます。
いわゆるキンシャサの奇跡というやつですね。

その後、荒んだ人生を歩むフォアマンは、臨死体験のように神に出会って牧師になります。
そして、45歳の時に奇蹟的に世界チャンピオンに返り咲くわけです。

フォアマンが世界チャンピオンに返り咲いた1994年は、僕がスキーで大きな事故を起こして臨死していた年です。
ですから僕はリアルタイムでその試合を見ていません。
何年か経ってから、沢木耕太郎の文章でそのあたりのことを読んだ記憶があります。

最近ちょっと思うところがあって、1994年のジョージ・フォアマンとマイケル・モーラーのその試合を観てみました。

              IMG_20200528_143342.jpg

第1ラウンドから第3ラウンドくらいまで、開始のゴングがなるとフォアマンは右手で十字を切るように祈りを捧げてから試合を始めます。
第4ラウンドを過ぎてからは、スタミナの問題からかその余裕もないようでしたが。
第9ラウンドまではモーラーの攻勢で試合が進みます。

そして、問題の第10ラウンド。

ラウンド開始のゴングが鳴ると、フォアマンはまた十字を切って神に祈りを捧げてから試合を始めたように見えます。

そしてボクシングのラウンドは3分間ですが、第10ラウンド開始から1分後、フォアマンはファイト中に再び十字を切って祈るような仕草を見せます。

そしてそのあと1分間のフォアマンのラッシュ。
フォアマンが神に祈ってからちょうど1分後、世界チャンピオンのマイケル・モーラーはマットに沈みます。

僕は何度かその映像を確認して、沢木耕太郎がすでに指摘していることかもしれないと思いました。
沢木からは指摘されていないようだったので、ジョージ・フォアマン本人がどう言っているのかを確認したくなりました。

そしたら、森下が本を買ってきてくれたのです。
で、みんながご飯を食べている間に速読したんですが、残念ながらそのあたりの記述はありませんでした。

牧 「森下、お前ジョージ・フォアマンに手紙書いて聞いてみろよ」
森下 「・・・・」

              IMG_20200528_143343.jpg

ウォールデンの営業を以下にまとめます。

・ お客さまと僕と僕の家族の安全のために、ドアチャイムのピンポンを鳴らしてもらっています。

・ 今はできる限りコーヒー豆のお買い上げをお願いしていますが、よく存じ上げているお客さまと距離や時間の安全が確保できると判断した場合はコーヒーをお出ししています。

・ 今は初めてお越しいただいたお客さまには、コーヒー豆だけのお買い上げの説明をさせていただくことがあります。

・ どうぞコーヒー豆をお買い上げください。ご来店できないお客さまはメールでご発注ください、ヤマト便でお届けします。
お荷物が届いてから郵便局でお支払いください、振込手数料はかかりません。配送料金を500円だけ頂戴しています。

・ コーヒーをお飲みのお客さま、今はあまり長い時間のご利用は避けてください。

・ 猫カフェではありません。

社会全体のコモンセンスが変化して行く時期だと考えます。
僕は僕で丁寧に、しかし誇り高く毅然と、歯を食いしばってウォールデンの営業と音楽を続けて行きます。

ライブについての専門家会議の意見をまとめました。

・まだ開催は見送られるべきであること
・諸外国でも対応はまちまちであること
・おおむね100人以下を少人数ライブとすること
・収容定員の半数以下にするなど3密を避ける工夫をすること
・その以外にも検温、連絡先の把握などの対応を考えること

ウォールデンのライブの秋開催、または12月の開催もメドは立ちません。

音楽ライブの形態が変わって行くのかもしれません。
それとも人が実際に演奏することに対してのリスペクトの機運が高まるのかもしれません。

ベッシーさんと出会った頃のことを書いた曲のセッションをアップしました。
バンドHPからご覧になってください。

ウォールデンとAWBを応援していただいているお客さま、友人のみなさん、お世話になっている方たちには感謝の言葉もありません。

みなさんお一人お一人がたいへんな中、コーヒー豆をご注文いただいたり、声をかけていただくみなさん、本当にどうもありがとうございます。

ウォールデンは今日も店を開けて、メールを開いて発注の確認をして、みくりや裕二さんとの作業を進めて、時間を惜しんで作曲して、掃除機をかけて、ネコ5匹の世話をしています。

どうかみなさんも感染に気をつけて、でも風評に惑わされずにお過ごしください。

またお会いできますように。

ウォールデンバンドHP http://acousticwaldenband.com/index.html
ウォールデンバンドFB https://www.facebook.com/acousticwaldenband
ウォールデンバンドTwitter https://twitter.com/nene_walden

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1715「緊急事態宣言全面解除されましたが」の巻

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1715「緊急事態宣言全面解除されましたが」の巻

みなさんこんにちは、Acoustic Walden BANDの安曇野日記の時間です。

コロナウィルスの緊急事態宣言が全面的に解除されました。

喜ばしいことですが、ここから具体的にどうやって社会の変化に対応して行くかはそれぞれ個別の判断になります。
ウォールデンとして、またはAWBのライブとしてどうして行くかは動きながら考えて行くしかありません。

コーヒー屋のウォールデンとしては、14年前に開業した時と商環境が大きく変わったと感じています。
タバコのこと一つ取って見てもそうですが、社会全体のマナーの基準が大きく変わりました。

開業当時はインターネットで検索することが一般的になり始めた頃でしたが、そのあとモバイルの普及でSNSの時代になって、結果抑止力にもなったとも思います。
当初はネットの書き込みも無法地帯でしたが、SNSになったら双方が攻撃される可能性がありますし、ネットの中にもマナーがあるということをみんなが学んでいる最中です。

芸能人にも人格があるのと同じで店にも人が住んでいます。
商売をしているところには、人権もプライバシーもないという風潮がありました。
グーグルの対応もそうですし、食べログや個人に対しても警察ですらそう言ってました。
僕は価格コムの宣伝をしていた頃のヤクルトスワローズは応援しません。

ウォールデンの入口に「SNSへの書き込みはお断りしています」「コーヒーをお飲みになれないお客さま、小さなお子様をお連れのお客さまはお断りしています」という看板を出しています。

「おもしろいこと書くね」とおっしゃるお客さまもいらっしゃいますが、これは僕が勝手に感じていることですが、コロナのことで社会全体の意識の枠組みを再編成しようとしたら、こういった感覚にもお互いに大きな変化があるのではないかと思います。
お互いに、ですよ。

昨日、西友に買い物に行ったら、店内放送で「お客さま同志のおしゃべりもおひかえください」と放送していました。
当然の対応だと思います。

ただ、同じ商売でもスーパーマーケットは社会的な機能を大きく分担しているものだという認識が定着したのでしょう。
喜ばしいことだと思います。
コロナのことで医療関係の方たちに感謝の気持ちを表すライトアップはすばらしいと思いますが、僕はそれはあらゆる職業の方たちみんなに対しての気持ちだと思います。

カフェウォールデンのソーシャルスタンスは生活基盤の機能分担をしているわけではないです。
どういう風にフィジカルディスタンスを確保するかは個別に考えて行くしかありません。
そして、それはウォールデンのこれからのソーシャルスタンスのあり方だと思います。

風にように流れて行くか、心のどこかで芯を持って誘導して行くか。
それとも、泡沫のように消え去って行くか。

その責任は僕にあります。

みなさま今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます

ウォールデンの営業を以下にまとめます。

・ お客さまと僕と僕の家族の安全のために、ドアチャイムのピンポンを鳴らしてもらっています。

・ 今はできる限りコーヒー豆のお買い上げをお願いしていますが、よく存じ上げているお客さまと距離や時間の安全が確保できると判断した場合はコーヒーをお出ししています。

・ 今は初めてお越しいただいたお客さまには、コーヒー豆だけのお買い上げの説明をさせていただくことがあります。

・ どうぞコーヒー豆をお買い上げください。ご来店できないお客さまはメールでご発注ください、ヤマト便でお届けします。
お荷物が届いてから郵便局でお支払いください、振込手数料はかかりません。配送料金を500円だけ頂戴しています。

・ コーヒーをお飲みのお客さま、今はあまり長い時間のご利用は避けてください。

・ 猫カフェではありません。

社会全体のコモンセンスが変化して行く時期だと考えます。
僕は僕で丁寧に、しかし誇り高く毅然と、歯を食いしばってウォールデンの営業と音楽を続けて行きます。

ライブについての専門家会議の意見をまとめました。

・まだ開催は見送られるべきであること
・諸外国でも対応はまちまちであること
・おおむね100人以下を少人数ライブとすること
・収容定員の半数以下にするなど3密を避ける工夫をすること
・その以外にも検温、連絡先の把握などの対応を考えること

ウォールデンのライブの秋開催、または12月の開催もメドは立ちません。

音楽ライブの形態が変わって行くのかもしれません。
それとも人が実際に演奏することに対してのリスペクトの機運が高まるのかもしれません。

ベッシーさんと出会った頃のことを書いた曲のセッションをアップしました。
バンドHPからご覧になってください。

ウォールデンとAWBを応援していただいているお客さま、友人のみなさん、お世話になっている方たちには感謝の言葉もありません。

みなさんお一人お一人がたいへんな中、コーヒー豆をご注文いただいたり、声をかけていただくみなさん、本当にどうもありがとうございます。

ウォールデンは今日も店を開けて、メールを開いて発注の確認をして、みくりや裕二さんとの作業を進めて、時間を惜しんで作曲して、掃除機をかけて、ネコ5匹の世話をしています。

どうかみなさんも感染に気をつけて、でも風評に惑わされずにお過ごしください。

またお会いできますように。

ウォールデンバンドHP http://acousticwaldenband.com/index.html
ウォールデンバンドFB https://www.facebook.com/acousticwaldenband
ウォールデンバンドTwitter https://twitter.com/nene_walden

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1714「坂上田村麻呂」の巻

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1714「坂上田村麻呂」の巻

みなさんこんにちは、Acoustic Walden BANDの安曇野日記の時間です。

みんなでとんかつ食べてたら、森下が昔のアイスクリームの話を聞いてきたので答えていたら、なぜか足利義昭は広島県の鞆で幕府を継続していたという話になりました。(笑)

僕の子供時代の話をしていて、東京の下町や四国の塩飽諸島の成り立ちになって、日本人の精神構造を理解するには朝廷と幕府、すなわち官位の存在と政治の二重構造、それには官位を作るのに仏教を利用した聖徳太子と初代征夷大将軍の坂上田村麻呂が話の起点になる、というわけです。
(注・坂上田村麻呂は二代目でした)

食事中、安易に僕に話しかけると、何故かいつの間に坂上田村麻呂が登場してくるのはそういうわけです。

昨夜は卑弥呼までさかのぼりました。(笑)
荘園と天皇制成立の変遷というわけです。

お前らもメシ食うのにいろいろ大変だよなぁ。
この話聞かなきゃなんないのか、みたいな感じだもんね。

僕が尊敬している人物は中江藤樹と南方熊楠です。(笑)

              無題

何度も重複して申し訳ありませんが、ウォールデンの営業を以下にまとめます。

・ お客さまと僕と僕の家族の安全のために、ドアチャイムのピンポンを鳴らしてもらっています。

・ 今はできる限りコーヒー豆のお買い上げをお願いしていますが、よく存じ上げているお客さまと距離や時間の安全が確保できると判断した場合はコーヒーをお出ししています。

・ 今は初めてお越しいただいたお客さまには、コーヒー豆だけのお買い上げの説明をさせていただくことがあります。

・ どうぞコーヒー豆をお買い上げください。ご来店できないお客さまはメールでご発注ください、ヤマト便でお届けします。
お荷物が届いてから郵便局でお支払いください、振込手数料はかかりません。配送料金を500円だけ頂戴しています。

・ コーヒーをお飲みのお客さま、今はあまり長い時間のご利用は避けてください。

・ 猫カフェではありません。

社会全体のコモンセンスが変化して行く時期だと考えます。
僕は僕で丁寧に、しかし誇り高く毅然と、歯を食いしばってウォールデンの営業と音楽を続けて行きます。

ライブについての専門家会議の意見をまとめました。

・まだ開催は見送られるべきであること
・諸外国でも対応はまちまちであること
・おおむね100人以下を少人数ライブとすること
・収容定員の半数以下にするなど3密を避ける工夫をすること
・その以外にも検温、連絡先の把握などの対応を考えること

ウォールデンのライブの秋開催、または12月の開催もメドは立ちません。

音楽ライブの形態が変わって行くのかもしれません。
それとも人が実際に演奏することに対してのリスペクトの機運が高まるのかもしれません。

ベッシーさんと出会った頃のことを書いた曲のセッションをアップしました。
バンドHPからご覧になってください。

ウォールデンとAWBを応援していただいているお客さま、友人のみなさん、お世話になっている方たちには感謝の言葉もありません。

今はみなさんお一人お一人がたいへんな時で、外に出ることもままならない状況です。
そんな中、コーヒー豆をご注文いただいたり、声をかけていただくみなさん、本当にどうもありがとうございます。

ウォールデンは今日も店を開けて、メールを開いて発注の確認をして、みくりや裕二さんとの作業を進めて、時間を惜しんで作曲して、掃除機をかけて、ネコ5匹の世話をしています。

どうかみなさんも安全に気をつけて、でも風評に惑わされずにお過ごしください。

またお会いできますように。

ウォールデンバンドHP http://acousticwaldenband.com/index.html
ウォールデンバンドFB https://www.facebook.com/acousticwaldenband
ウォールデンバンドTwitter https://twitter.com/nene_walden