FC2ブログ

Acoustic Walden BANDの安曇野日記

森の中の自家焙煎コーヒー店「カフェウォールデン」で猫と音楽の生活

Top page  1/363

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1776「モフモフ」の巻

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1776「モフモフ」の巻

みなさんこんにちは、Acoustic Walden BANDの安曇野日記の時間です。

明日はベッシーさんと一緒に一日人間ドックです。
今晩の9時以降は絶食で、そのかわり胃カメラ飲んだあとはフランス料理です。

もう何年も行ってますが、結婚する時の条件のひとつに毎年の人間ドックがあるわけです。
あとは毎年ディズニーランドに複数回行くことですが、今年はコロナで行けてないんですが、貯金があるので今のところ大丈夫です。

検診と歯科予防は毎月行ってるし、健康状態で悪いところはありません。
体重も10年以上増えていないし、老眼と白髪が進んだくらいですね。
血圧も血中成分も正常で心のトラブルもないし、今のところ順調です。

それでも、突然の脳血栓や予期しない膵臓ガン、心臓機能の低下、白内障、認知能力の低下なんかは起きえるものと考えています。

最後は死にます。(笑)

便利なシステムだと思うんですよ、誰もが死ぬ、しかも順不同でってのは。
このルールは全員に当てはまるので、毎日一生懸命生きるわけですね。

             IMG_3869.jpg

で、4連休が終わって人間ドックの前日である今日はダラダラしているわけです。

一生懸命ダラダラしています。

さて、ねこたちとモフモフしてこよっと。

             IMG_3865.jpg

9月いっぱいは従来のウォールデンからのお願いの文章をそのまま掲載します。

以下、ウォールデンの方針をお読みください。

・コーヒーをお飲みのお客様はできる限りデッキでのお利用をお願いいたします。

・お客さまと僕と僕の家族の安全のために、ドアチャイムのピンポンを鳴らしてもらっています。

・ 今はできる限りコーヒー豆のお買い上げをお願いしていますが、よく存じ上げているお客さまと距離や時間の安全が確保できると判断した場合はコーヒーをお出ししています。

・ 今は初めてお越しいただいたお客さまには、コーヒー豆だけのお買い上げの説明をさせていただくことがあります。

・ どうぞコーヒー豆をお買い上げください。ご来店できないお客さまはメールでご発注ください、ヤマト便でお届けします。
お荷物が届いてから郵便局でお支払いください、振込手数料はかかりません。配送料金を500円だけ頂戴しています。

・ コーヒーをお飲みのお客さま、今はあまり長い時間のご利用は避けてください。

・ 猫カフェではありません。

ライブについて。
・ウォールデンのライブの秋開催、または12月の開催もメドは立ちません。

社会全体のコモンセンスが変化して行く時期だと考えます。
僕は僕で丁寧に、しかし誇り高く毅然と、歯を食いしばってウォールデンの営業と音楽を続けて行きます。

音楽ライブの形態も変わって行くのかもしれません。
人が実際に演奏することに対してのリスペクトの機運が高まると良いと考えています。

ベッシーさんと出会った頃のことを書いた曲のセッションをアップしました。
バンドHPからご覧になってください。

ウォールデンは今日も店を開けて、メールを開いて発注の確認をして、みくりや裕二さんとの作業を進めて、時間を惜しんで作曲して、掃除機をかけて、ネコ5匹の世話をしています。

これでつぶれたら僕の力はそれまでのことです。

新しい形で、ウォールデンを応援して頂けるように努力します。
みなさん、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

ウォールデンバンドHP http://acousticwaldenband.com/index.html
ウォールデンバンドFB https://www.facebook.com/acousticwaldenband
ウォールデンバンドTwitter https://twitter.com/nene_walden
スポンサーサイト



Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1775「詩の作業」の巻

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1775「詩の作業」の巻

みなさんこんにちは、Acoustic Walden BANDの安曇野日記の時間です。

エリック・クラプトンの曲でレイラという曲がありますよね。

邦題は長く「愛しのレイラ」とされていました。
アノニマスネームのデレクにダイスのドミノでデレク&ザ・ドミノス。

僕は時々掃除機かけながら、デレクはエリックとつぶやいています。(笑)
なにかを確認するときの呪文なんでしょう。

レイラが武道館で演奏されるたびに著作権使用料が著者に入ります。
使用回数、一曲の演奏時間、会場の収容人数、入場料金から計算された金額です。
著者本人が演奏していても、日本でいえばジャスラックと信託契約を結んでいるのは本人の意思ですから、使用料は支払うわけです。

レイラの著作権者はエリック・クラプトン?
いえもう一人、ジム・ゴードンです。

作詞と作曲の割合におけるクラプトンとゴードンの作業の比重はわかりませんが、おそらく著作権使用料は折半ということでしょう。
なかなか良い話ですよね。

別に著作権ビジネスのことを書きたいわけではありません。
ただ、著作者がクリエイトすることを大切にするべきだと思います。
それは、著作者自身にも言えることです。
自分で自分を貶めないためにもです。

僕は詞がある曲を書くことは慎重に避けてきましたが、ラジオの主題歌で「アナザービジョン」という曲を書いてから、また少しずつ詩がある曲を書くようになりました。

ベッシーさんが加入して、最初の頃はリスペクトを込めて他の人の楽曲をベッシーさんに歌ってもらったりもしましたが、最近はオリジナルの歌曲を演奏することが圧倒的に多くなりました。
「きみに伝えたかった」「今宵ラブソング」他にもけっこうあります。

すべて、作詞はベッシーさんです。
それに僕が曲を書くわけです。

「世界で一番幸せな場所」の作業をギタリストのみくりや裕二さんと行っていますが、詩とメロディの相性、母音、子音と音程のレンジなどを調整しています。

著作権使用料のことはいろいろ言われますが、僕は大切なことだと思います。

学校の先生が知らないってのは、、、、
ちょっと納得が行きませんが。

9月いっぱいは従来のウォールデンからのお願いの文章をそのまま掲載します。

以下、ウォールデンの方針をお読みください。

・コーヒーをお飲みのお客様はできる限りデッキでのお利用をお願いいたします。

・お客さまと僕と僕の家族の安全のために、ドアチャイムのピンポンを鳴らしてもらっています。

・ 今はできる限りコーヒー豆のお買い上げをお願いしていますが、よく存じ上げているお客さまと距離や時間の安全が確保できると判断した場合はコーヒーをお出ししています。

・ 今は初めてお越しいただいたお客さまには、コーヒー豆だけのお買い上げの説明をさせていただくことがあります。

・ どうぞコーヒー豆をお買い上げください。ご来店できないお客さまはメールでご発注ください、ヤマト便でお届けします。
お荷物が届いてから郵便局でお支払いください、振込手数料はかかりません。配送料金を500円だけ頂戴しています。

・ コーヒーをお飲みのお客さま、今はあまり長い時間のご利用は避けてください。

・ 猫カフェではありません。

ライブについて。
・ウォールデンのライブの秋開催、または12月の開催もメドは立ちません。

社会全体のコモンセンスが変化して行く時期だと考えます。
僕は僕で丁寧に、しかし誇り高く毅然と、歯を食いしばってウォールデンの営業と音楽を続けて行きます。

音楽ライブの形態も変わって行くのかもしれません。
人が実際に演奏することに対してのリスペクトの機運が高まると良いと考えています。

ベッシーさんと出会った頃のことを書いた曲のセッションをアップしました。
バンドHPからご覧になってください。

ウォールデンは今日も店を開けて、メールを開いて発注の確認をして、みくりや裕二さんとの作業を進めて、時間を惜しんで作曲して、掃除機をかけて、ネコ5匹の世話をしています。

これでつぶれたら僕の力はそれまでのことです。

新しい形で、ウォールデンを応援して頂けるように努力します。
みなさん、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

ウォールデンバンドHP http://acousticwaldenband.com/index.html
ウォールデンバンドFB https://www.facebook.com/acousticwaldenband
ウォールデンバンドTwitter https://twitter.com/nene_walden

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1774「秋・冬ライブ中止の件」の巻

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1774「秋・冬ライブ中止の件」の巻

みなさんこんにちは、Acoustic Walden BANDの安曇野日記の時間です。

お知らせです。

今年の秋・冬のAWBライブはライブ環境が整っていないと判断して中止します。
ウォールデン会場とその他の会場で演奏していたものすべてを中止します。

いつも応援していただいている皆さんには感謝しています。
毎回早い段階でチケットが売り切れになるんですが、本当に励みになります。

チケットを販売する時は早くお知らせをしていて、中止のインフォメーションは遅いというのは皆さんに失礼だと思い、この時期に決定しました。

またみなさんの前で実際に演奏できる日が来ると良いと思っています。
それまで、作曲とレコーディング、演奏の研鑽に励みます。

10月からGo to eatが始まり、県またぎの移動も本格化するようです。
ウォールデンにもGo to eat事務局から連絡がきました。

ウォールデンはGo to eatに参加しません。

ただ、今のところウォールデンの店内にお客様を誘導することに慎重ですが、10月から少し対応を変えようと思っています。
社会の変化に対応していくつかのお願いをしますが、それはまた少しあとで。

ウォールデンはスターバックスではありません。
名前が売れてるバンドではありませんが、音楽の価値には関係ありません。

みなさんと良い関係を保ち、ウォールデンの店を長く続け、AWBの演奏モチベーションを僕が放棄しないようにしたいと真剣に考えています。

一方的なお願いのようですが、どうぞ応援してください。

よろしくお願いします。

9月いっぱいは従来のウォールデンからのお願いの文章をそのまま掲載します。

以下、ウォールデンの方針をお読みください。

・コーヒーをお飲みのお客様はできる限りデッキでのお利用をお願いいたします。

・お客さまと僕と僕の家族の安全のために、ドアチャイムのピンポンを鳴らしてもらっています。

・ 今はできる限りコーヒー豆のお買い上げをお願いしていますが、よく存じ上げているお客さまと距離や時間の安全が確保できると判断した場合はコーヒーをお出ししています。

・ 今は初めてお越しいただいたお客さまには、コーヒー豆だけのお買い上げの説明をさせていただくことがあります。

・ どうぞコーヒー豆をお買い上げください。ご来店できないお客さまはメールでご発注ください、ヤマト便でお届けします。
お荷物が届いてから郵便局でお支払いください、振込手数料はかかりません。配送料金を500円だけ頂戴しています。

・ コーヒーをお飲みのお客さま、今はあまり長い時間のご利用は避けてください。

・ 猫カフェではありません。

ライブについて。
・ウォールデンのライブの秋開催、または12月の開催もメドは立ちません。

社会全体のコモンセンスが変化して行く時期だと考えます。
僕は僕で丁寧に、しかし誇り高く毅然と、歯を食いしばってウォールデンの営業と音楽を続けて行きます。

音楽ライブの形態も変わって行くのかもしれません。
人が実際に演奏することに対してのリスペクトの機運が高まると良いと考えています。

ベッシーさんと出会った頃のことを書いた曲のセッションをアップしました。
バンドHPからご覧になってください。

ウォールデンは今日も店を開けて、メールを開いて発注の確認をして、みくりや裕二さんとの作業を進めて、時間を惜しんで作曲して、掃除機をかけて、ネコ5匹の世話をしています。

これでつぶれたら僕の力はそれまでのことです。

新しい形で、ウォールデンを応援して頂けるように努力します。
みなさん、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

ウォールデンバンドHP http://acousticwaldenband.com/index.html
ウォールデンバンドFB https://www.facebook.com/acousticwaldenband
ウォールデンバンドTwitter https://twitter.com/nene_walden

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1773「世界で一番」の巻

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1773「世界で一番」の巻

みなさんこんにちは、Acoustic Walden BANDの安曇野日記の時間です。

「世界で一番幸せな場所」という曲のプリプロをやっていたんですが、アレンジが決まったので内容の作業になりました。

いつものようにギタリストのみくりや裕二さんと作っているんですが、今回は僕のギターの役割がちょっと変わったので、曲全体のテイストに変化があるかもです。

早く作ってもライブもできないので、のんびりやってます。
あと2曲作ってあるんですが、演奏できないのでアレンジ踏み込んでないですね。
まぁ先にレコーディングしてようと思っていますが。

昨夜はまたまた僕の特製シチューを食べながら、森下に作曲の話をしました。

森下は森下でAWBのメンバーとして一緒に演奏してくれるジャズギタリストの角田忠雄さんに作曲を教わっているので、僕は技術的な話よりも根性論担当です。(笑)

テメー早く作れバカヤローとか、そんな感じです。

アドリブのやり方だったり作曲の技法や楽典なんかは机上学で終わっていますが、評論家やるわけじゃないんで実際に作らないと。
言い訳とかいらないからね、森下くん。

まぁしかし森下よ、お前恵まれてるよ。
オレはともかくとして、みくりや裕二さんや角田忠雄さんといったトッププレイヤーに直接指導されてるんだからな。
ただ運が良いだけで終わるか、目が覚めるようなソロを弾くか、お前次第だよ。

今のままだと体の良いボーヤで終わる。
それだとオレが世間様に笑われるので勘弁してくれ。

人を育てることが出来ないやつはやっぱり二流だと思う。

なぜか人が育たない組織や、あの人が歩いたあとには草一本生えていないと言われるより、
志しがつながって行くような努力をした方が良いだろ。

うっ、またお尻からケムリが出てきた。

             IMG_3843.jpg

以下、ウォールデンの方針をお読みください。

・コーヒーをお飲みのお客様はできる限りデッキでのお利用をお願いいたします。

・お客さまと僕と僕の家族の安全のために、ドアチャイムのピンポンを鳴らしてもらっています。

・ 今はできる限りコーヒー豆のお買い上げをお願いしていますが、よく存じ上げているお客さまと距離や時間の安全が確保できると判断した場合はコーヒーをお出ししています。

・ 今は初めてお越しいただいたお客さまには、コーヒー豆だけのお買い上げの説明をさせていただくことがあります。

・ どうぞコーヒー豆をお買い上げください。ご来店できないお客さまはメールでご発注ください、ヤマト便でお届けします。
お荷物が届いてから郵便局でお支払いください、振込手数料はかかりません。配送料金を500円だけ頂戴しています。

・ コーヒーをお飲みのお客さま、今はあまり長い時間のご利用は避けてください。

・ 猫カフェではありません。

ライブについて。
・ウォールデンのライブの秋開催、または12月の開催もメドは立ちません。

社会全体のコモンセンスが変化して行く時期だと考えます。
僕は僕で丁寧に、しかし誇り高く毅然と、歯を食いしばってウォールデンの営業と音楽を続けて行きます。

音楽ライブの形態も変わって行くのかもしれません。
人が実際に演奏することに対してのリスペクトの機運が高まると良いと考えています。

ベッシーさんと出会った頃のことを書いた曲のセッションをアップしました。
バンドHPからご覧になってください。

ウォールデンは今日も店を開けて、メールを開いて発注の確認をして、みくりや裕二さんとの作業を進めて、時間を惜しんで作曲して、掃除機をかけて、ネコ5匹の世話をしています。

これでつぶれたら僕の力はそれまでのことです。

新しい形で、ウォールデンを応援して頂けるように努力します。
みなさん、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

ウォールデンバンドHP http://acousticwaldenband.com/index.html
ウォールデンバンドFB https://www.facebook.com/acousticwaldenband
ウォールデンバンドTwitter https://twitter.com/nene_walden

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1772「エルサルバドル・カツーラ・ブラックハニー」の巻

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1772「エルサルバドル・カツーラ・ブラックハニー」の巻

みなさんこんにちは、Acoustic Walden BANDの安曇野日記の時間です。

エルサルバドル・カツーラ・ブラックハニー
何回か焙煎して残りあとわずかです。

             IMG_3864.jpg

エルサルバドル産・カツーラ種・精製方法がブラックハニーです。

コーヒーの種は主にアラビカ種ですが、カツーラ種はそれに属するブルボン種が変異したものと考えられていて、1915年にブラジルのミナス・ジェライス州で発見されたそうです。

酸味と渋みが強くコクがあるのが特徴です。

さらにブラックハニーというのは、コーヒー豆の果肉を完全に取りきらない状態での攪拌乾燥方法なので、その特徴が大きくでています。

種が違うジャバ・ロブスタもアラビカ種とはまったく違うテイストがしますが、今回入荷したエルサルバドル・カツーラ・ブラックハニーも、従来のウォールデンテイストとは違います。

本来は焙煎後すぐには飲まないんですが、久しぶりに真面目にテイストチェック表を出してカップテストをしました。
いろいろ書いても幻惑されるので、違う味だということだけ書いておきます。

ぶっちゃけ、だいぶ売っちゃってから書くなよと思うでしょ。
ごめんね、朝食のブレッドなんかにはあう味かと。
みんな、頑張って飲んでね。

うっ、真面目に書いたらお尻からケムリが出てきた。

             IMG_20200910_214624.jpg

以下、ウォールデンの方針をお読みください。

・コーヒーをお飲みのお客様はできる限りデッキでのお利用をお願いいたします。

・お客さまと僕と僕の家族の安全のために、ドアチャイムのピンポンを鳴らしてもらっています。

・ 今はできる限りコーヒー豆のお買い上げをお願いしていますが、よく存じ上げているお客さまと距離や時間の安全が確保できると判断した場合はコーヒーをお出ししています。

・ 今は初めてお越しいただいたお客さまには、コーヒー豆だけのお買い上げの説明をさせていただくことがあります。

・ どうぞコーヒー豆をお買い上げください。ご来店できないお客さまはメールでご発注ください、ヤマト便でお届けします。
お荷物が届いてから郵便局でお支払いください、振込手数料はかかりません。配送料金を500円だけ頂戴しています。

・ コーヒーをお飲みのお客さま、今はあまり長い時間のご利用は避けてください。

・ 猫カフェではありません。

ライブについて。
・ウォールデンのライブの秋開催、または12月の開催もメドは立ちません。

社会全体のコモンセンスが変化して行く時期だと考えます。
僕は僕で丁寧に、しかし誇り高く毅然と、歯を食いしばってウォールデンの営業と音楽を続けて行きます。

音楽ライブの形態も変わって行くのかもしれません。
人が実際に演奏することに対してのリスペクトの機運が高まると良いと考えています。

ベッシーさんと出会った頃のことを書いた曲のセッションをアップしました。
バンドHPからご覧になってください。

ウォールデンは今日も店を開けて、メールを開いて発注の確認をして、みくりや裕二さんとの作業を進めて、時間を惜しんで作曲して、掃除機をかけて、ネコ5匹の世話をしています。

これでつぶれたら僕の力はそれまでのことです。

新しい形で、ウォールデンを応援して頂けるように努力します。
みなさん、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

ウォールデンバンドHP http://acousticwaldenband.com/index.html
ウォールデンバンドFB https://www.facebook.com/acousticwaldenband
ウォールデンバンドTwitter https://twitter.com/nene_walden