FC2ブログ

Acoustic Walden BANDの安曇野日記

森の中の自家焙煎コーヒー店「カフェウォールデン」で猫と音楽の生活

Top page  1/327

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1599「新田理論」の巻

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1599「新田理論」の巻

みなさんこんにちは、Acoustic Walden BANDの安曇野日記の時間です。

僕は若い頃NZに行っていて、ピルミン・ツルブリッケンと一緒のTバーに乗ったことがあるんですがオーラありました。
とんでもないプレジャンが作ってある練習コースを見ながら集中してました。

あと、アルベルト・トンバとゴルフのドライバーでティーショットを打ったこともあるんですが、その時はとなりの牛にボールが当たって牛が倒れました。
トンバのボールですよ、僕のじゃなくて。

でも、やっぱりツルブリッケンの方がオーラあったかな。

昨夜は、森下とエミちゃんにプロっぽいオーラを出す話をしました。
いつまでも僕の弟子のオーラ出してても、良いこと何にもないもんね。

それで、気持ちを3秒でトップに持って行く話をしました。
ワン・ツー・スリーでプロになりきる感じです。
参考になる実際の映像も見せて解説しました。

牧 「新田理論って知ってる?」
森下 「なんですかそれ」
牧 「スポーツで最初にトップの姿勢を作る理論だよ」
森下 「たとえば誰ですか」
牧 「村田兆治、王貞治」
森下 「ナルホド」
みたいな。

身体の動作のトップ位置の作り方と心のトップの作り方は混同できませんが、比喩としてイメージに役立ちます。

僕はゴルフはやらないんですが、遊びで打ちっぱなしに行った時プロに教えてもらったことがあります。
今思えばそれが新田理論なんですが、ツーモーションで簡単にヘッドのトップ位置を作る方法を教えてもらいました。
そしたら、面白いようにドライバーが当たるんですよ。

一緒にいた他のスポーツ選手と面白がって打ちまくっていたら、他のプロゴルファーがやってきて見本をみせてくれました。
そして、それは新田理論ではなく流れるような動作でのショットでした。

最後にプロに言われたのは、自然体に戻しなさい、ということでした。
まぁ、そんな話を彼らにしたわけです。

参考になるかな。

Acoustic Walden BAND Live
Bessie sings 「今宵ラブソング」 with 角田忠雄

2019、12月7日(土)
会場 カフェウォールデン
開場 18:30
開演 19:00
チケット 2,000円(チケットは前売りです)

お問合せ 会場またはメールにて

安曇野市穂高有明7403‐13
電話 0263-83-7121
メール info@cafe-walden.com

ウォールデンバンドHP http://acousticwaldenband.com/index.html
ウォールデンバンドFB https://www.facebook.com/acousticwaldenband
ウォールデンバンドTwitter https://twitter.com/nene_walden

スポンサーサイト



Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1598「新井ベッシー」の巻

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1598「新井ベッシー」の巻

みなさんこんにちは、Acoustic Walden BANDの安曇野日記の時間です。

森下が「長野県の歴史」と「松本藩」という本を買ってきてくれたので借りて読みました。
それぞれ300ページくらいの本でしたが、面白かったので一日で読了。

長野県の歴史は、縄文時代から太平洋戦争の終戦までなのでかなりザックリしていますが、日本史のおさらいと長野県内の動きがリンクしてある点が面白かったです。

松本藩の方は、小笠原、石川、小笠原、戸田、水野、戸田の変遷が理解できました。
まぁ、なんとなく風土と一致しているような、、、、
松本の人に怒られるからやめとこ。

ただ、松本藩は上士の子息しか藩学校への入校を認めず、それは朱子学を学ぶのは武士だけということですが、そのかわり私学で数学や医学が独自に発達して崇教館の医学別館として開智学校につながるということです。
ナルホド。

ただ、現在の長野県の学力順位は全国で、、、、
やっぱりやめとこ。

                   IMG_20191106_235033.jpg

昨夜は森下がギタリストの角田忠雄さんのところにジャズ理論を勉強に行く日だったので、その時間を利用して読書していたわけです。

ところでこのあいだ読んだ新井白石ですが、どうもベッシーさんの遠いご先祖様みたいですね、白石さん。

なんとなくわかる気がする。

Acoustic Walden BAND Live
Bessie sings 「今宵ラブソング」 with 角田忠雄

2019、12月7日(土)
会場 カフェウォールデン
開場 18:30
開演 19:00
チケット 2,000円(チケットは前売りです)

お問合せ 会場またはメールにて

安曇野市穂高有明7403‐13
電話 0263-83-7121
メール info@cafe-walden.com

ウォールデンバンドHP http://acousticwaldenband.com/index.html
ウォールデンバンドFB https://www.facebook.com/acousticwaldenband
ウォールデンバンドTwitter https://twitter.com/nene_walden

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1597「ダイアナ・クラール」の巻

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1597「ダイアナ・クラール」の巻

みなさんこんにちは、Acoustic Walden BANDの安曇野日記の時間です。

ベッシーさんたちが金沢にダイアナ・クラールを聴きに行ってきました。

           IMG_20191109_150716.jpg

金沢の近江町市場で海鮮を食べて、金沢城公園、兼六園を散策してからダイアナ・クラールのライブ会場へ。
行きは新雪の白馬岳を見ながら、秋の金沢の紅葉とジャズの旅。
なかなか良いでしょう。

           IMG_20191109_133016.jpg

僕は猫たちと留守番してました。

来週は岐阜城に観月に行くのだ。

           IMG_20191109_144144.jpg

Acoustic Walden BAND Live
Bessie sings 「今宵ラブソング」 with 角田忠雄

2019、12月7日(土)
会場 カフェウォールデン
開場 18:30
開演 19:00
チケット 2,000円(チケットは前売りです)

お問合せ 会場またはメールにて

安曇野市穂高有明7403‐13
電話 0263-83-7121
メール info@cafe-walden.com

ウォールデンバンドHP http://acousticwaldenband.com/index.html
ウォールデンバンドFB https://www.facebook.com/acousticwaldenband
ウォールデンバンドTwitter https://twitter.com/nene_walden

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1596「仮面の土偶」の巻

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1596「仮面の土偶」の巻

みなさんこんにちは、Acoustic Walden BANDの安曇野日記の時間です。

長野県立歴史館に国宝土偶展を見に行きました。

福島から遊びに来てくれた人が「土偶にハマっている」というお話しをされていて、ベッシーさんが検索したら長野県に来ているということが判明。
それで早速見に行ったわけです。

無題

五体の国宝がすべて実物で感動しました。

「仮面の女神」「縄文のビーナス」は長野の茅野市の所有で、ビーナスラインの名前の由来ですね。
ベッシーさんは「縄文のビーナス」が気に入ったようで僕は「仮面の女神」かな、作曲意欲を湧かせてくれます。

                   IMG_20191107_140447.jpg

福島の方がおっしゃっていたように「縄文の女神」だけスタイリッシュで、異質な感じがしました。
ほとんどウルトラマンの世界で、どれも宇宙人の模したものと言われても納得できます。
解説ではあえて土偶に手の部分が付いていないのは、精神性を表わしているのではないかということでした。

                    IMG_20191107_134841.jpg

それから、ジャズギタリストの角田忠雄さんと打ち合わせをして、帰りにベッシーさんがその昔行ったハンバーグ屋さんに行って食事をしてきました。

おいしかった。
幸せ、幸せ。

Acoustic Walden BAND Live
Bessie sings 「今宵ラブソング」 with 角田忠雄

2019、12月7日(土)
会場 カフェウォールデン
開場 18:30
開演 19:00
チケット 2,000円(チケットは前売りです)

お問合せ 会場またはメールにて

安曇野市穂高有明7403‐13
電話 0263-83-7121
メール info@cafe-walden.com

ウォールデンバンドHP http://acousticwaldenband.com/index.html
ウォールデンバンドFB https://www.facebook.com/acousticwaldenband
ウォールデンバンドTwitter https://twitter.com/nene_walden

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1595「礼服で死ねるか!」の巻

Acoustic Walden BANDの安曇野日記 Vol.1595「礼服で死ねるか!」の巻

みなさんこんにちは、Acoustic Walden BANDの安曇野日記の時間です。

牧 「石川数正と織田信長を合わせると織田数正になるよね」
ベッシーさん 「おお!小田和正っていそうだよね」
牧 「いねーよ」
っつーね。

石川数正って徳川家康の家臣だった人で、小牧・長久手の戦いのあと出奔して秀吉の家臣になって松本城を築いた人です。
どうもいろいろあったらしいんですが、後世までの裏切り者扱いを覚悟の上、天下統一と徳川家安堵のために動いた人という評価を山岡荘八はしています。
安曇野在住の僕としてはちょっとは郷土愛にも目覚めてきた頃合いでもあり、そうであって欲しいと思っています。

ただ皮膚感覚としては地元松本ですら石川数正の知名度は低く、おそらく松本城の城主がいろいろ変わったこともあって、数正の松本出自は秘匿されているような感じです。

とても頭の良い人で文化人だったと思われますし、国宝松本城を築いた人でもあるので、いろいろ能力が高い人だと感じます。
ただ、裏切り者のレッテルを貼られた人なので、粗雑な扱いになっているのでしょう。

もし、山岡荘八の言うようにその裏切り者のレッテルを徳川、または天下泰平のために自分で貼ったものだとしたなら、安曇野在住としては後年の失礼を深くお詫びしなければなりません。

ごめんね、数正ちゃん。

                 IMG_20191105_000546.jpg

さて、昨日久しぶりに礼服を着たら堅苦しくて死にそうになった。
ネクタイ締めたし、ワイシャツ着たしで帰ってきたらベッシーさんに爆笑された。

ベッシーさん 「仮装大会の帰りみたいだね」
牧 「こっちが死にそうじゃ」
ベッシーさん 「礼服来たくらいじゃ死なないよ」

さて、明日はジャズギタリストの角田忠雄さんのところに行くのだ。

Acoustic Walden BAND Live
Bessie sings 「今宵ラブソング」 with 角田忠雄

2019、12月7日(土)
会場 カフェウォールデン
開場 18:30
開演 19:00
チケット 2,000円(チケットは前売りです)

お問合せ 会場またはメールにて

安曇野市穂高有明7403‐13
電話 0263-83-7121
メール info@cafe-walden.com

ウォールデンバンドHP http://acousticwaldenband.com/index.html
ウォールデンバンドFB https://www.facebook.com/acousticwaldenband
ウォールデンバンドTwitter https://twitter.com/nene_walden